アンテナ工事をする際は製品の特長を把握しないといけない

とても豊富なアンテナの種類

技術の進歩により、テレビアンテナには様々な形の製品が開発されています。形だけでなく、搭載されている機能も違います。ここでは様々なアンテナの種類を紹介しますから、交換や取り付けを検討している人は参考にしてみてください。

八木式アンテナ
見た目が魚の骨のようなデザインをしているのが八木式アンテナで、多くの人がイメージする従来のアンテナです。骨のような部分を「素子」といい、この部分で受信する電波を調節できます。向きや素子の数を増やせば遠い距離からの電波の受信が可能になります。
パラボラアンテナ
皿のようなデザインをしているのがパラボラアンテナといい、見た目からディッシュアンテナとも呼ばれています。また、皿の部分をリフレクタ、伸びている腕のような部分をコンバーターアームといいます。このアンテナを設置すると衛星放送を受信できるという特徴があるのです。
ボックスアンテナ
八木式アンテナと同じく、テレビを見るために必要なアンテナです。名前の通り箱の形をしており、取り付けても目立たないというメリットがあります。向きを調節することもなく、設置場所を選ばないため電気工事も楽です

一戸建てに適したアンテナは?

一戸建てだと外観を気にする人が多いですが、その住宅の電波の状況を把握する必要があります。その地域の電波が弱ければ、ボックスアンテナでは電波の受信が難しくなるのです。また、安い製品だとテレビの映りが悪くなる恐れがあるので注意してください。一戸建てならば八木式アンテナを目立たない場所に取り付けるか、ボックスアンテナとブースターの設置が必要になります。設置した際のアンテナの見た目と電波受信についての2つを考えて選ぶことが重要です。

施工事例を確認しよう

女性

電気工事業者のサイトには、今までに行なったアンテナ工事の施工例が掲載されています。目立たないように壁に設置したり、屋根裏に移動したりなど様々な施工例があるのです。工事にかかる費用、取り付けの問題点や流れなどを参考にすることで、取り付け工事をスムーズに行なえます。

TOP_button