アンテナ工事をする場合は気候環境も考える

気候環境に配慮する必要性

地域によっては雪が多いなど、気候環境には違いがあります。アンテナには、その地域の気候に適した製品があるのです。環境に合わせないと様々なトラブルが発生しやすくなるため、アンテナを選ぶなら、どの種類が適しているか知っておきましょう。

パラスタックアンテナ
電波が弱い地域では、パラスタックアンテナが最適です。このアンテナは電波が弱い所ではよく映りますが、それ以外の所だと逆にテレビの映りが悪くなってしまいます。
レドーム
レドームとはレーダーとドームの2つの効果があることから名づけられました。ドームの中にアンテナがあり、台風時に風や雨から保護することが可能です。また、塩害にも効果があります。
電波障害改善用アンテナ
近くに鉄塔や電線が多いと、その影響で電波障害が起きやすくなります。電波障害改善用アンテナならば、周りの影響を受けずに電波を受信できるのです。

このようなアンテナがありますから、自分の地域の天候に合った製品を選びましょう。地元にある電気工事業者では、その地域の環境や天候について熟知しています。ですから、最適なアンテナを紹介してもらえるでしょう。

トラブルに備えておく

男性

アンテナを取り付けた後に、天候によって壊れる可能性があります。電気工事業者では、工事して起きたトラブルでアンテナが壊れた場合は修理してくれます。保証期間内なら、安い費用で修理を行なってもらうこともできるのです。しかし、内容によっては利用できないことがあるので気をつけましょう。保証内容を細かくチェックして、利用できるか確認すると安心です。

火災保険が適用されるケース

台風や雪による被害は、火災保険が適用されるケースがあります。この保険は住宅だけでなくアンテナにも適用されますから、壊れた際は保険会社に連絡を入れましょう。火災保険も申請が通らないことがあるため、利用規約を確認して、災害時に保険を利用できるようにしておくことが重要です。

TOP_button